鉄分は大事。(特にヘム鉄)

研究とか開発とかプログラミングとか趣味とかを備忘録的な感じで気が向いたときに.

vpsを借りた。その2、独自ドメインの取得

2ヶ月ぶりの更新。アウトプット大事なのはわかるが難しい。めんどくさい

ドメインとってみる

 vpsを借りたので、晴れて自由に使えるサーバーを手に入れた。次に(同時に)やったことは、独自ドメインの取得。


ドメインは、お名前ドットコムで取得した。
手順は、

  • 欲しいドメインが使われてないか検索
  • 使われてなかったらそのまま契約

って流れ。

契約の時に、Whois情報公開代行を設定する。
これは、ドメインを持ってるのが誰かを調べるWhoisっていうのがあるんだけど、何も設定しないとお名前.comに登録した自分の個人情報が登録されるらしい。会社とかの場合はそれでもいいんだけど、個人で使う場合は困る。そこで、自分の情報の代わりにドメインを取得した会社の情報を設定することができる。
これがWhois情報公開代行サービス。

このサービス、新規登録時に設定すると無料で設定できるんだけど、あとから設定するには別途料金がかかるらしい。
そこで登録時に申し込んでおく。あとは流れに沿って、支払い方法とかを入力すると晴れて独自ドメインが取得できる。

ping打ってみる

取得できたらまずはドメインpingを打つことを目標にした。
そのためには、ドメインにAレコードを設定してvpsにてドメインの設定を行う。

①Aレコードの設定
お名前.comのDNS関連機能設定→設定したいドメインを選ぶ→DNSレコード設定を利用する
と移動して、
TYPE:A
VALUE:自分のvpsIPアドレス
を入力。ホスト名は空白で、その他は変更しない。その後、右端の追加を押す。
で、ページ下部の確認画面へ進むを押す。
この前後で、ネームサーバーをお名前.com指定のものに設定するように言われるので、設定する。

ドメインの設定
借りているvpsで他社管理ドメイン設定をするところがあったので、そこで自分のドメインをホスト名として登録した。
適当この辺、vpsごとに違うと思うので、それぞれググったほうがいいと思う。

これでpingを打ってみる。
ドメインDNSに浸透するまで最大で3日間ぐらいかかるらしいので、失敗した場合は設定とかを見直しつつちょっと待ってみるとよいかも。
自分の場合は次の日には問題なく出来た。
f:id:brookbach:20150428004555p:plain

できた

これにて独自ドメインの取得は終了。なんかほんとに自分のメモみたいになってて、ブログに書く意味あるのかわからない。。。自分と同じように、ちょっと興味あるぐらいの人へのはじめの案内になってくれると嬉しい。
そもそも見てる人がいるのか

次は独自ドメインのメールアドレスの設定方法について書く。


なにか質問等あれば気軽にどうぞ。